この記事をシェアする

2017年1月1日に閏秒が実施予定、システムの管理者は注意が必要!!

来年の元旦に閏秒の実施が決定されたようです。全世界で新年から仕事の人も増えそうです。

IERS(国際地球回転・基準系事業)から正式に発表があったようです。

日本時間だと2017年1月1日 8時59分59秒のあとに8時59分60秒が挿入され、次に9時0分0秒となります。

直近だと2015年7月1日にうるう秒が実施されました。

そのときにまとめた、主にLinuxサーバにまつわる対応が以下の記事です。

基本的には上記の記事と同様の対応をとれば、問題ないと思われます。

引き続き、情報があれば更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする