顔とコンピュータ画面の最適な距離は?

顔とPC画面の最適な距離ヘルスケア

結論から伸べると、モニターからの距離は100cmから50cmの間であるべきです。1
本記事ではディスプレイの位置や高さについても伸べていますので、適切に調整できているかをチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

適切な距離を確認する方法

画面にハイタッチできるような近さであれば、近過ぎます。
一方で、画面に触ることができないのであれば、遠すぎます。

最適な距離を取らないと眼精疲労や障害につながる

近過ぎると、焦点を合わせるために目の筋肉を多様することになるので、眼精疲労になります。
さらには輻輳障害につながることさえあります。これは眼を寄せることができなくなる障害です。

ディスプレイの高さにも注意

基本的にノートPCをそのまま利用するのはディスプレイの位置が自分の顔から下を見る形になるので、人間の不自然な姿勢、猫背となるため、肩凝りや眼精疲労などの原因になります。

ディスプレイの理想の高さは、ディスプレイの上部のフレームが、正常な姿勢で、正面を向いた時に目線の目の前にある状態です。

この位置にすると顔や首は正面を向いて、正しい姿勢を維持しながら、若干下を見ながら作業をすることになります。

まぶたが必要以上に開くことがなくなり、若干下を見る形にもなるので、ドライアイやディスプレイからの光線を目に受ける量が多少軽減されます。

詳しくは以下の記事で詳細に解説しています。

集中力と生産性を維持する「ディスプレイの高さと位置」
集中力と生産性を維持するために、ディスプレイの配置や高さ、距離などについて解説します。適切な位置で適切なディスプレイを利用することにより長時間の集中力と生産性を維持することが可能です。眼精疲労や肩凝り、ドライアイなどに悩んでいる人にも必見の記事です。

外部ディスプレイで調整する方法

基本的には高さの調整できる外部ディスプレイが調整できる状態が望ましいです。

最近では作業領域の多きな4Kディスプレイが格安で購入できますので、作業領域は広い方が基本的には快適です。

ディスプレイのスタンドは自由に調整ができるものは、安価なディスプレイではむずかしいので、ディスプレイサームを利用して、自由な位置に固定できることがベストな状態です。

オススメはエルゴトロンのアームです。好きな位置にしっかりと、固定することができます。OEMとしてHPやAmazonのブランドで販売されているものが格安なので、そちらがコスパが良いです。



ノートPCのスタンドでノートPCの画面を上にあげる方法

このようなスタンドでノートPCの画面の位置の高さをあげるアプローチです。キーボードなどは利用しにくくなりますので、別途キーボードやマウスを用意する必要があります。

男性の体格や利用している机の高さによっては、十分な高さまであがらないことがありますので、ご注意ください。

おすすめ書籍

関連記事

集中力と生産性を維持する「ディスプレイの高さと位置」
集中力と生産性を維持するために、ディスプレイの配置や高さ、距離などについて解説します。適切な位置で適切なディスプレイを利用することにより長時間の集中力と生産性を維持することが可能です。眼精疲労や肩凝り、ドライアイなどに悩んでいる人にも必見の記事です。
今すぐできる!! 眼精疲労を軽減するディスプレイ調整方法
室内の明るさとモニターの明さの差が大き過ぎると、眼は急速に疲労します。大企業のオフィスなどは、照明によって、いつでも一定の明さに保たれているかと思います。しかし、自然光を取り入れた環境(オフィスの窓辺の席や自宅など)では、日中から夜にかけて
集中力と生産性を上げる机とイスの正しい高さとは?
集中力と生産性を全体的に向上するために、パソコンでの仕事をする際の正しい姿勢を保つための机と椅子の高さや位置の調整について詳しく解説します。

  1. ANSI/HFES 100-2007 Human Factors Engineering of Computer Workstations 
タイトルとURLをコピーしました