現代のWEBシステムにおける垂直機能分散と水平負荷分散

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

垂直機能分散とは?

一般的なWEBシステムを想定して、ゲートウェイ側から羅列すると、

  • SSL暗号化処理
  • WEB(HTTP) 処理
  • DB処理

などのように、垂直に機能を分散させることである。

このように機能ごとに垂直構造を持っていることからn層アーキテクチャと呼ばれる。

  • 2層…クライアント/DB
  • 3層…ブラウザ/WEB/DB
  • 4層…ブラウザ/WEB/AP/DB

水平負荷分散とは?

いわゆるロードバランサーと呼ばれる機器やソフトウェアによって、

同一機能を水平に分散させることである。

具体的には、

  • DNSラウンドロビンによって、HTTPサーバを複数台に分散させるなどなど

最近ではWEB(AP)サーバの前に負荷分散装置(ロードバランサー)を置いて、そのレベルからキャッシュサーバを挟んでWEB(AP)サーバへアクセスするような構成も見受けられます。層がどんどん複雑になっているのです。

どのそうを構築していくのか、初期の段階から考慮に入れてシステムを作ることが大事です。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする