この記事をシェアする

ESXiの設定情報をバックアップ

昨日新しくUSBメモリを買った理由は、手元にあった4GBのUSBメモリがご機嫌斜めなのか、手元にあるサーバでUSBメモリーブートしようとすると3回に1回ぐらいBIOS起動時点で起動ドライブとして認識していない。

よって、旧4GBから新2GBメモリへ設定情報をコピーしますよ。

新USBメモリにあらかじめESXiをインストールしておいて、

バックアップした設定ファイルを移行する。

vSphere Command-Line Interfaceダウンロード

VMware-vSphere-CLI-4.0.0-198790.exeをインストール。

では、コマンドラインを起動してバックアップ開始。

cd bin
perl vicfg-cfgbackup.pl --server <対象サーバIP> -s <設定ファイル名>
Saving firmware configuration to <設定ファイル名> ...

ってなかんじ。復元は

perl vicfg-cfgbackup.pl --server <サーバIP> -l <設定ファイル名>

以上で完了。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする

スポンサーリンク