Macでショートカットの記号を1日で覚える方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年Macユーザーだけどいまだにショートカットキーの記号を覚えてない@HIROCASTERでございませう。

アプリのメニューにショートカットのマーク(記号)書いてあっても全然理解できませんよね。ほんと。

今回紹介する3つのキーの特殊記号だけ覚えれば、大抵のソフトウェアのショートカットが使えるはずですので、3つの覚え方のコツを教えます。

スポンサーリンク

Macのショートカット記号は独特

こういうのみても「えーっと…」って感じで、押せやしません。

でもね。いい加減、覚えた方が便利だよなぁ。と色々考えて、チートシートを机の上に置いたりもしたけど、結局覚えなかった数年間。

いろいろ調べて、覚え方を考えた結果、1日で覚えられました。

^(control)記号

controlキーはshiftキーの上にあたる場所に物理的に配列されている(日本語配列)ので、shiftの特殊キーである「⇧」の上の部分だけの「^」が上のキーにあると覚えます。

僕は英字配列キーを使用しているのですがemacsを使っているため日本語配列のcontrolの場所にcontrolがくるように設定しています。よって、この覚え方で大丈夫です。

UNIXのsttyで「^」と表記するので、そのままこの記号が使われているのかと。

⇧(shift)記号

「Shift」という言葉には移動するという意味があります。矢印は移動しているからshiftキーだと覚えます。

旧式のタイプライターでは、大文字をタイプするために紙を巻き付けているローラーをずらす動作をこのキーがおこなっていた名残でShiftとなっているようです。

詳しくはこちら

紙をずらすイメージの矢印なんですね!

⌥(option)記号

「Option」という言葉には選択や選択肢という意味があります。この特殊キーのマークを左から見たときに上と下に選択肢があって、下を選んだ。というキーだと覚えました。上と下が選べたマークですね。

200px SPDT Switch

回路図のスイッチがまさにこんな感じのマークです。

これで、やっとショートカットの記号を見てもキーが押せるようになりますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする