この記事をシェアする

Ubuntu 14.04 LTSでIPv6を停止する

最近IPv6のネットワークを利用できるようになったのですが、実際のところあまり使ってません。Ubuntuも14.04 LTSになってからIPv6でもいろんなサービスがLISTENするようになっています。

IPv6でつながる準備が整ってないため、不具合を起こすのでIPv6を切っておきたいと思います。

スポンサーリンク

Ubuntu 14.04でIPv6を無効にする方法

/etc/sysctl.confに以下を追加します。

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6 = 1

これを適応します。

$ sudo sysctl -p

以後、起動するサービスはIPv6側ではLISTENしません。

Puppetをご利用であればsysctlを利用すると便利です。

ちなみにnetstat

tcp6       0      0 :::26571                :::*                    LISTEN

というような表示だとIPv4とIPv6の両方でLISTENしている。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする