アジャイル

スポンサーリンク
アジャイル

最終回 アジャイルサムライ読書会 渋谷道場 開催します #agilesamurai

今回は、最終回。12章から最後までをやります。その後、他流試合として、大イベントを開催する予定です。
プログラミング

[2011年版] ITエンジニアが夏休みに読むべき良書8選

ITエンジニアが夏休みに読むべき良書8選を紹介します。
アジャイル

6/24 スクラム道バーストで選手として登壇してきました。#scrumdo

はじめてスクラム道に参加してきました。観戦だけでなく選手として2本しゃべってきました。 スクラム道は1つのテーマを読み手が一通り発表し、そのテーマに沿ったディスカッションを選手が45分繰り広げます。 今回のテーマは「スプリントプランニング...
PHP

jenkins エレガントなコードを書くための執事のすすめ

勉強会したので、資料公開。 jenkinsを使って、自動テストだけでなく静的コード解析や統計情報をおこなって、ケント・ベックが提唱した「コードの臭い」を察知して、リファクタリングのタイミングや具体的な指摘のフィードバックを自動で得ようとい...
アジャイル

自動テストの知識をプログラマは知らないと恥ずかしい

「なぜ、自動テストを書くのですか?」とか聞かれたので、これはきちんと理解してもらった方がいいなぁ。と思ったので、理由を書いてみる。TDDとかだと設計にもメリットがあるけど、それは今回はおいておく。 1.テストやデバッグに使う時間を...
アジャイル

チームのマルチタスク化はリスクが大きすぎる

アジャイル開発をおこなう場合に、チームのマルチタスク化が危険であることを考える。(クロスファンクショナルチームは歓迎するし、そうするべきだ。) アジャイルにおいては、フィーチャ(機能)に優先順位をおいて、優先順位の通りに開発することが求め...
アジャイル

なぜ、アジャイルは個人との対話と動くソフトウェアを重視するのか?

アジャイルを語る上で、アジャイルソフトウェア開発宣言は避けては通れない道である。これについて個人的な見解を考える。今日はコレ。 プロセスやツールよりも個人と対話を、 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、 さて、これっていった...
アジャイル

アジャイルな見積もりと計画づくりに学ぶ 不確実性のコーン

プロジェクトにおいて、当初立てていた見積もりとは違うというのは良くあることだ。個人的な意見を述べさせていただければ、ほぼ100%とと言っても過言ではないと考えている。アジャイルでは、見積もりと計画をアジャイルで構築しなければ全く意味がない...
アジャイル

知らないと損する完全無料アジャイル開発ガイド

知っているようでよくわかっていないアジャイル開発。こんなの海の向こう側の話でしょ?って諦めるのは、もう昔の話。どんどんアジャイル開発は日本の現場で取り入れられているのです。改めて学ぼうアジャイル。 1. アジャイルソフトウェア開発 -...
プログラミング

達人プログラマーに学ぶ 品質とチームメンバーの役割

品質はチームの問題です。品質を気にかけないチームに配属されると、どんなに優秀な開発者でも面倒な問題を修正する情熱を維持しづらく感じるようになるのです。さらに、こういった修正に時間を割くことに対してチームが消極的であれば、あるほど、問題は悪...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました