この記事をシェアする

jenkins エレガントなコードを書くための執事のすすめ

勉強会したので、資料公開。

jenkinsを使って、自動テストだけでなく静的コード解析や統計情報をおこなって、ケント・ベックが提唱した「コードの臭い」を察知して、リファクタリングのタイミングや具体的な指摘のフィードバックを自動で得ようというお話。

主に、PHPに利用できるプラグインを中心にご紹介。

スポンサーリンク

これだけは伝えたい!

こういった統計の情報やフィードバックは、開発の初期段階から導入して、必ず自動化すること。問題が明らかになってから情報を収集しているようでは、判断を先延ばしにしかねない。ソフトウェア開発は短距離走ではなくマラソンです。長くエレガントに走り続けるために、初期段階から自動化しましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする