この記事をシェアする

ITエンジニアのプロとしての5つの行為

このブログのタイトルを「HIROKI.JP」から「Act as Professional」と変更しました。このブログを始めた当初は何もタイトルを考えていなかったので、ドメインをそのまま使って早1年半が経ちました。そしてこのブログを通して得たものは「Act as Professional」日本語にいいかえるとすると「プロとしての行為」だということに気づきました。

そして、尊敬する情熱プログラマーの著者であるChad Fowler氏に頂いた言葉「Keep it Fun!!」を与えました。プロとしての行為を楽しみ、維持することを続けられることが僕の目指すところです。

そこで、ITエンジニアとしての、プロとしての行為とは?自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

1.社会への貢献

どんなにすばらしいコードやソフトウェアがあったとしても人に使われなければ、ただのデータの塊に過ぎない。ITの技術やソフトウェアは道具にしか過ぎない。その道具を使って何をなしたかを考えなければならない。あなたの書いたコードで人々をハッピーにできるだろうか。

自分自身のために書いたコードでも、少し、工夫をして公開すれば、ハッピーになる人がいるかもしれない。その人は隣の机の同僚なのかもしれないし、名前も知らない地球の裏側の人なのかもしれない。

2.オープンソースへの貢献

あなたが見ているこのブログにはOSにはLinux、HTTPサーバにはApache、CMSにはWordPressが使われている。すべてオープンソースの技術だ。そして、それぞれのソフトウェアを使うためにも数多くのオープンソースのソフトウェアやコンポーネントが利用されている。未来の自分のために、後世のために、さらにすばらしい体験をしてもらうために、オープンソースに貢献しよう。

  • ソフトウェアの開発に貢献する
  • ドキュメントを各言語への翻訳に貢献する
  • 不具合を発見したらバグレポートに貢献する
  • ユーザー同士の助け合いによって、コミュニティに貢献する
  • ソフトウェアを紹介することによって利用促進に貢献する

できることから。世界の人々のために。そして、いずれ自分のためになるはず。

3.美しさの追求

ソースコードとしての美しさを常に追求しましょう。複雑さではありません。シンプルさが美しさにつながるのです。「動けばよい」ってのはアマグラマの典型です。「今が良ければそれでいい」という実装はソフトウェアの成長を抑制してしまいます。それは、いずれソフトウェアを殺してしまう行為です。

プログラマがソフトウェアの親だと考えるならば、自ら生み出した子供(ソフトウェア)を殺してしまうのですか?

4.正しい実装・正しい行為

リリース直後にバグ発見!!今すぐ改修。そんな状況下でも正しい実装を心がけましょう。処理をループから外せば終了ですか?メソッドとして外に出して共有する必要はありませんか?問題のあるコードだと知っていて、再リリースしようとしていませんか?

技術的負債はやがて大きくなって襲ってきます。最初から正しい実装を。急がなければならない状況でも、あなたのビジネスに許容できるインパクトの範囲でおこなえる正しい実装をしましょう。

子供の頃に悪いことをしたら、神様が見ていて、バチがあたるっていわれませんでしたか?それと同じことで、悪いコードや問題を知っていて、そのままにしてしまうとやがて大きな問題となってしまうのです。

テストを書くことは正しいと知ってはいるが、限られた期間の中で達成すべき目標が山ほどある。プログラマとして正しい行為はなんだろうか?あなたのビジネスを正しい方向へ導くために交渉はできないだろうか。テストを書くことが正しいと「知っていること」と「理解していること」の差はとてつもなくあるということを「テストは書きたいんだけどなぁ〜」といっているだけのプログラマに伝えたい。

ぐだぐだいってる暇があるなら、交渉しろ。手を動かせ。さすれば、道は開かれん。

5.ITエンジニアとしてのノウハウ伝承

ギリシャの哲学者であるソクラテスは、当時の知識者と評判の人物と対話をして、自分の知識が完全でないことを気づいた。そして、自分の知識が完全でないことを認識しているものは、知識者であると自認するものよりも優れていると考えた。

僕は技術力とは知識量であると考えている。IT技術においてすべての技術知識を把握することは不可能である。だからこそ、知らないことを知らないと表明できて学ぶ人の姿は尊敬できる。そして、知らないという人に対して、嫌な印象を与えることなく、知識を伝えることができる人を尊敬している。

ほとんどの技術力や知識はケチって秘密にしても仕方ない。Googleで検索すれば大抵出てくるし、生涯で稼ぐお金で考えれば少しのお金で買えたりするものだ。3年も経ってしまえばゴミ同然に知識は山ほどある。

知識やノウハウは惜しげもなく伝承しよう。価値のあるものは勝手に利益がついてくるものだ。利益はお金や名声、感謝、それ以外かもしれない。

Chad Fowler¥ 2,520
スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする