ソフトウェア開発

スポンサーリンク
ソフトウェア開発

創造性が60%高まるウォーキングとスタンディングデスクの合せ技

スタンフォード大学の調査によると、​ウォーキングは座っている時に比べて、創造性を平均60%増加​させました。 Appleの共同創業者であるSteve JobsやFacebookのMark Zuckerbergも歩きながら打ち合わせをす...
ヘルスケア

2週間で猫背が改善する姿勢改善トレーニングウェアラブルデバイス「UPRIGHT GO 2」

2週間で姿勢が改善するトレーニングができるウェアラブルデバイス「UPRIGHT GO 2」を利用してみました。背中に貼りつける小型デバイスで、姿勢が悪くなるとリアルタイムで、バイブレーションによって、教えてくれます。これにより良い姿勢を保つトレーニングができるようになります。あなたが、どんな時に姿勢が悪くなるのか?新たな発見があるかもしれません。そして、良い姿勢を保ち続けるトレーニングによって、正しい筋肉がつき、良い姿勢が習慣化されるとのことです。
ソフトウェア開発

明日からできる「シングルタスク」仕事術

前回はマルチタスクがいかに非生産的かを解説しました。今回はシングルタスクを実践するため手法をいくつか具体的に紹介したいと思います。 「バイタル・フュー」という本当に重要な事項はごくわずかしかないという法則であったり、「パーキングロット」という一時的に思いついたアイデアや、脱線した事項を一旦書き留めておき、本来集中すべきことをこなし、後でその事項について考える方法など、明日から実践できるようなTipsをいくつか紹介しています。
ソフトウェア開発

テレワークでおすすめしたい机「電動昇降式スタンディングデスク」

コロナ渦で、テレワークをしているみなさんにおすすめしたい机がスタンディングデスクです。 運動不足や集中力の維持、生産性の向上の観点からも、スタンディングデスク(電動型、メモリー機能)の導入をおすすめします。
ヘルスケア

読書量を増やすために必要なもの

読書量を増やすためには環境が重要になります。書見台やブックスタンドと呼ばれるような道具を利用することで、読書をする身体的な負荷を軽減することができます。また、デスクライトを活用することで、眼精疲労の低下などが期待できます。こういった、読書をする環境について解説します。
ヘルスケア

スタンディングデスクで足が痛いときの対処法

座りすぎによる死亡リスクを軽減するためにスタンディングデスクの導入が盛んにおこなわれています。今まで1日中座って仕事をしていたデスクワーカーが立ちながら作業をすると足の痛みを経験することになります。そんな、スタンディングデスクを利用すると発生する足の痛みを解決する方法について解説します。
ヘルスケア

スタンディングデスク どれを選べばいいの? 注意すべきポイントは?

座りすぎなデスクワークの危険性の対策として、スタンディングデスクが推奨されています。スタンディングデスクには、いくつかの昇降方式がり、昇降方式によって価格帯が異ります。そこで、それぞれの昇降方式について解説すると共にスタンディングデスクを選ぶ際の注意点などについて解説します。
ヘルスケア

あなたのデスクワークは命を削っているかもしれない

デスクワーカー必見の「座りすぎが、いかに死亡リスクを高めるのか?」といった情報をもとに、対策法を解説します。IT業界の従事者だけならず、1日の多くの時間をパソコンの前で過して働く方には、環境を改善することに挑戦していただきたいと思います。
ヘルスケア

集中力と生産性を維持する「PCモニターの高さと位置」

集中力と生産性を維持するために、ディスプレイの配置や高さ、距離などについて解説します。適切な位置で適切なディスプレイを利用することにより長時間の集中力と生産性を維持することが可能です。眼精疲労や肩凝り、ドライアイなどに悩んでいる人にも必見の記事です。
ヘルスケア

集中力と生産性を持続する机とイスの正しい高さとは?

集中力が続かない原因は、机や椅子などの環境にあるのかもしれません。 集中力を持続させ、生産性を向上するために、パソコンでの仕事をする際の正しい姿勢を保つための机と椅子の高さや位置の調整について詳しく解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました