ソフトウェア開発

スポンサーリンク
ヘルスケア

スタンディングデスクで足が痛いときの対処法

座りすぎによる死亡リスクを軽減するためにスタンディングデスクの導入が盛んにおこなわれています。今まで1日中座って仕事をしていたデスクワーカーが立ちながら作業をすると足の痛みを経験することになります。そんな、スタンディングデスクを利用すると発生する足の痛みを解決する方法について解説します。
ヘルスケア

スタンディングデスク どれを選べばいいの? 注意すべきポイントは?

座りすぎなデスクワークの危険性の対策として、スタンディングデスクが推奨されています。スタンディングデスクには、いくつかの昇降方式がり、昇降方式によって価格帯が異ります。そこで、それぞれの昇降方式について解説すると共にスタンディングデスクを選ぶ際の注意点などについて解説します。
ヘルスケア

あなたのデスクワークは命を削っているかもしれない

デスクワーカー必見の「座りすぎが、いかに死亡リスクを高めるのか?」といった情報をもとに、対策法を解説します。IT業界の従事者だけならず、1日の多くの時間をパソコンの前で過して働く方には、環境を改善することに挑戦していただきたいと思います。
ヘルスケア

集中力と生産性を維持する「ディスプレイの高さと位置」

集中力と生産性を維持するために、ディスプレイの配置や高さ、距離などについて解説します。適切な位置で適切なディスプレイを利用することにより長時間の集中力と生産性を維持することが可能です。眼精疲労や肩凝り、ドライアイなどに悩んでいる人にも必見の記事です。
ヘルスケア

集中力と生産性を持続する机とイスの正しい高さとは?

集中力が続かない原因は、机や椅子などの環境にあるのかもしれません。 集中力を持続させ、生産性を向上するために、パソコンでの仕事をする際の正しい姿勢を保つための机と椅子の高さや位置の調整について詳しく解説します。
AppleWatch

○○な状態でプログラミングし続けると病気になるかもしれない

プログラマは1日のほとんどを座った状態で生活している人がほとんどではないでしょうか? この「座りすぎ」の毎日は病気のリスクを高くすることが明かになっています。 座りすぎは病気のリスクを高める この「座りすぎ」の生活は2型糖尿病、心血管疾...
ソフトウェア開発

DELLの液晶ディスプレイの設定ををCLIからすばやく変更する方法

以前のの下記記事からディスプレイの設定を環境によって、適切に変更しつづけることが眼精疲労に効果的であるということを説明しました。 かといって、毎日ディスプレイのボタンをポチポチやるのは面倒だと思うので、私が利用しているDELLのモニタ...
ソフトウェア開発

オンライン会議で印象を良くするたった1つのポイント

オンライン会議で顔を晒す場合に、印象を良くするためのポイントを紹介します。 それは、オンライン会議システム(Google meets, Zoom, Skype など)のウィンドウをカメラ付近に配置することです。 オンライン会議システムの...
ヘルスケア

顔とコンピュータ画面の最適な距離は?

結論から伸べると、モニターからの距離は100cmから50cmの間であるべきです。1 本記事ではディスプレイの位置や高さについても伸べていますので、適切に調整できているかをチェックしてみてはいかがでしょうか?
ヘルスケア

今すぐできる!! 眼精疲労を軽減するディスプレイ調整方法

室内の明るさとモニターの明さの差が大き過ぎると、眼は急速に疲労します。 大企業のオフィスなどは、照明によって、いつでも一定の明さに保たれているかと思います。 しかし、自然光を取り入れた環境(オフィスの窓辺の席や自宅など)では、日中から夜...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました