[猛暑対策]サーキュレーターで想像以上に体感温度が変わった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は「猛暑:埼玉・熊谷39.8度 「暑い、でも冷房は…」 扇風機、在庫切れに – 毎日jp(毎日新聞)」というニュースが出るほどでしたので、夏に突入したと実感された方は多かったのではないでしょうか。

去年、暑さに耐えきれなくて、小さい扇風機を買ったのだけど、本当はサーキュレーターが欲しかった。世の中は節電とか騒いでるし、本格的に熱くなる前にサーキュレーターを手に入れておかないと、売り切れて入手困難なんてことに今年はなりそう。だからサーキュレーターについて、調べて、意外と安いのがあって、それが良かったので、検討している人は今のうちに手に入れておいた方が良いですよというおはなし。

スポンサーリンク

サーキュレーターってなに?

サーキュレーターは扇風機とは違います。

  • 室内の空気循環をを目的としるため風量が強力。遠くまで風を届けます。
  • 強力なため、扇風機と比べると音が気になる機種がある
  • 下から上への角度調整が大抵できる(空気は冷気が下、暖気が上にこもる傾向があるため)
  • 直接肌に風を当てることを想定していないので、首振り機能は無い機種が多い

結果的に部屋の空気を循環させ、エアコンの冷房効率を上げる役割があります。涼しくなった夕方であれば、窓側にサーキューレーターを持って行けば、外気を大量に部屋の中へ送り込んで温度を下げることも可能です。扇風機ではパワーが足りないので、こういったことをするのには向いていない。

kojima.net – ネットでお買い物 – ネットショップニュース – サーキュレーター

コジマさんの記事を引用すると、こんなに違うんですよ?

でも、お高いんでしょ?

ホームセンターとかで見る機種は結構高いですね。僕も毎年買うのを躊躇していました。でも、今年はコレを買いました。

ZEPEAL (ゼピール)¥ 1,980

1,980円でサーキューレーターが買えるなんて…。

安かろう、悪かろう?

まぁ、こういう家電製品は上を見てしまうと高いんですよ。扇風機っていったら、羽のないダイソンだって高いじゃない。サーキュレーターっていったら、VORNADO(ボルネード)なんだろうけど、軽く1万円超えるのです。ぶっちゃけ、1年で1個買ったとして、ボルネードは5年持ったとしても、5年後にはもっと性能と効率の良い製品が絶対あるでしょ。もしかしたら、ダイソンが羽のないサーキュレーターつくってるかもしれないじゃない。というわけで、コストパフォーマンスの観点で見る。

小さい割には静かなサーキューレーター

羽が小さくなると、どうしても音がうるさくなりがちなのが、扇風機やサーキュレーターにはつきもの。この製品はもちろん、強にしたらそれなりに音はするのだけど、中、弱は静かな方。1,980円でこれならいいかな。と思う。中で動かしている隣でペットが寝てるぐらいだし。

空気が流れているから体感温度が違う

サーキュレーターによって部屋の空気が流れているので、肌に風の流れを感じることができます。それだけで、体感温度はかなり違う。部屋がある程度冷えたらエアコン止めていても平気。

というわけで、売る切れる前に手に入れておけ!!

コスパに優れた製品だから、本格的に猛暑に突入して売り切れる前に手に入れておきましょう。来月になったら結構売りきれ続出するんじゃないかな。と思っています。ニュースだと扇風機は売り切れてますね。帰りの電車でも扇風機を持って帰るサラリーマンを見かけます。

ZEPEAL (ゼピール)¥ 1,980
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする