[新機能追加] Github Pages 自動生成のテーマが選択可能に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Github Pagesホントに便利ですよね。最近なにかと使わせて頂いている@HIROCASTERでございませう。

Github Page を最初に自動生成してくれる際に複数のテーマが選べるようになりました。

これにより、プログラマがプロジェクト公開用のページをつくる際に、HTMLやCSSがどうのこうのと意識しなくても、とりあえず公開するだけならサクッと出来るようになりました!

「わかってる、github!!」

====

  • 選べるテーマ

実に8種類ものテーマが選択できるようになりました。

Baby-legs by sundaykofax
Hack by Ben Bleikamp

Headsmart by cameronmcefee
Merlot by Cameron McEfee

Matthew’s Git Workshop
Slate by Jason Costello (he also designed the GitHub Page Generator!)

Puppet-lint
Time Machine by Jon Rohan

JSONBuilder by dewski
Leap Day by Matt Graham

Change-inside-surroundings.vim by briandoll
Midnight by Matt Graham

Sundown by tanoku
Minimal by Steve Smith

Spark by holman
Modernist by Steve Smith

  • やり方

リポジトリの管理画面からGithub Pagesの自動生成を選択すればできます。

Github page admin

リポジトリの管理画面に入ります。

Github page automatic generator

GitHub Pagesを自動生成するボタンをクリック

最初のページのソースを決定後

Github page select theme

テーマをどれにするか選べます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする