この記事をシェアする

Xcode4.3で単体でiPhoneシミュレータを起動する

Xcodeが新しくなってから、困惑することばかりの@HIROCASTERでございませう。

今のXcode4.3って、iOSシミュレータを単体で起動しづらくなってるんですね。わかりにくい!

というか、そもそも名称がiPhoneシミュレータに変わってる気がする。

スポンサーリンク

iPhone Simulator とは?

Xcodeに内蔵されているiPhoneをシミュレートするソフトウェアです。通常はXcodeで作成したiPhoneアプリを動作させたりするのに使います。

ですが、内蔵で組み込まれているソフトウェアがiPhoneを一緒なので、僕はiPhoneでWebサイトのデザイン調整などにも使ったりしています。

過去のiOSシミュレータは…

Xcode4.2以下のバージョンだと/ApplicationのなかにiOSシミュレータとして単独アプリがありました。

Xcode4.3になって、いざ使おうとSpotlightで検索したらヒットせず、/Applicationを探しても見つからず。

iOSシミュレータみっけ!

なんと、こんな所に発見。Xcodeの中に入っちゃってるのでSpotlightの検索結果に入らず。ぐぬぬ。

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone\ Simulator.app

Spotlightの検索結果には入らないけど/Applicationに置いておけば、とりあえずは探したときに見つかるだろうということで、シンボリックリンクを張ることにした。

$ ln -s /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone\ Simulator.app /Applications/iPhone\ Simulator.app

IPhone Simulator icon

こんな感じで矢印付きのアイコンができるので、これをクリックすれば iPhone Simulatorを単体で起動できるようになる。もちろん、よく使う人はデスクトップやドックに入れておくと便利です。

4839941734

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 5&Xcode 4.2対応版】

森巧尚

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする