この記事をシェアする

電子書籍の管理・変換は「Calibre」で決まり!

Kindleと初代iPadを持っていて、もっぱらKindleしか利用していない@HIROCASTERでございませう。

Calibre main

Amazon.comから購入したものはそのままダイレクトにKindoleにくるが、達人出版会から購入した日本語電子書籍であったり、Pragprogで購入した書籍などは自分で管理しなければならない。自炊した書籍も同様だ。

そこで、電子書籍を専門に管理できるソフトウェア「Calibre」を紹介しましょう。

Calibreは電子書籍のファイル管理だけではなく、各種フォーマットへの変換機能も搭載している。Kindleとの連携機能も充実しており、今月日本でも販売される予定?のKindleの為にも準備しておきたい。

特に達人出版会では、PDF形式とepub形式で購入した書籍をダウンロードできる。

KindleでPDF形式は表示できる。epub形式は非対応。試しに「アプリケーションをつくる英語」のPDFを表示させてみるとこんな感じになる。

Calibre pdf

読めなくはないが、正直言って、文字が小さいので読みにくい。

スポンサーリンク

そこで「Calibre」ですよ。奥さん!

Calibreは音楽ファイルをiTunesで扱える様に電子書籍の管理に特化したソフトウェアである。電子書籍のフォーマット変換もかなりの数に対応している。

Calibre convert

先ほどの電子書籍をepub形式のものをKindleで読めるmobi形式に変換する。そうすると、さっきのページが…

Calibre mobi

こんなに識字しやすくなっている。もちろん、1ページあたりの情報量は落ちて、ページ数が増えているが、こっちの方が断然読書しやすい。「コレは良い!」

フォーマット形式が違うものが混在してもCalibreは1冊の本として管理できるのがエライ!

Kindleユーザーには嬉しい機能

Kindleを持っている人であれば、メールの設定さえしてしまえばCalibreからKindoleにメール経由で電子書籍を送ることが可能だ。Kindleは無線LANで勝手に電子書籍をダウンロードして、読めるようになる。

Android端末やiPhoneと同期する機能もあるので、そういった端末で電子書籍を読んでいるユーザーにも心強い味方になってくれるだろう。

CalibreライブラリデータをDropbox上においておけば、異なる端末でも電子書籍の管理・閲覧が楽になるだろう。

書籍プレゼント企画実施中

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする