CakePHP2実践入門はCakePHP2の入門書決定版です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近はCakePHPも見てる@HIROCASTERでございませう。

最新のCakePHP2.2対応書籍で、定評ある技術評論社の実践入門シリーズです。その名に恥じることなく、実践的な入門に最適な内容になっている様に感じました。

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

安藤 祐介、岸田 健一郎、新原 雅司、市川 快、渡辺 一宏、鈴木 則夫

スポンサーリンク

日本のCakePHPの豪華な執筆陣

CakePHP2で開発されているCandyCaneの開発者である安藤氏と、みずからをcakephperとハンドルネームを名乗る市川氏が執筆陣に名を連ねています。日本のCakePHPの有名なエンジニアだと私はこの二人を思い浮かべます。

セキュリティ章の査読にはセキュリティの専門家である徳丸氏がおこなっているとのこと。

これだけでも、内容に期待できるのではないでしょうか?

初心者にも扱いやすいフレームワーク

CakePHPは、はじめてMVCフレームワークを触る人にも扱いやすいフレームワークです。なぜ、フレームワークを利用して開発をしていくのか?など、基本となる考えを本書は押さえており、入門者にとって有益です。

あまりフレームワークに触れてない人が理解すべきポイントは押さえてありますし、読み切れるボリュームになってます。本書だけで簡単な小規模アプリケーションは構築できます。

また、本書以上のことは公式のドキュメントなどを覗きながら、やれば十分にやりたいことはできるでしょう。CakePHPは国内で、かなり利用されているフレームワークなので、コミュニティに助けを求めれば、多くの協力を得られるでしょう。

扱いやすいからこそセキュリティについても

扱いやすいフレームワークだからこそ、多くの人が触れるためセキュリティについて、おざなりになる部分があります。そこを最低限押さえる形で、セキュリティ章で具体的な良くある例と対策について書かれている事が非常に好感が持てました。

  • SQLインジェクション
  • クロスサイトスクリプティング(XSS)
  • クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)
  • セッションハイジャック

以上について、CakePHPでの具体的な対策法について提示しているのは素晴らしい。多くの人に役立つでしょう。

これからCakePHPを学んでいく人や、扱っていく人には間違いなくオススメできる1冊です。あぁ、CakePHPってのはこういうフレームワークで、こんな感じで構築していくのか。というのが効率よくわかります。

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

安藤 祐介、岸田 健一郎、新原 雅司、市川 快、渡辺 一宏、鈴木 則夫

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする