Weather Station 屋外モジュールの電池を交換した

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いたまれないニュースを耳にする猛暑を身近でも確認(計測)しておきたく、
何日か前に屋外モジュールの電池が切れている通知を確認していたので交換しました。

前回、交換したのを完全に覚えてないので苦労しました。

スポンサーリンク

電池交換成功は底面の緑のLEDが点滅する

まず、電池交換が成功すると緑のLEDが屋外モジュールの底面で光ります。
これ底面なのが重要です。
電池交換のヘルプを見ると、上面のように認知できます。
上面は、光らないし、これ光る構造じゃなくね?と思います。

電池蓋の+側が接触不良? たぶんこれ設計不良

電池交換をしても、緑のLEDは点滅せず、本体からも認識しないので、何度か交換を試して時間を浪費しました。

これ、同じように電池交換で苦労している人がいました。

どうも、構造を見ると電池蓋のプラス側の電極が微妙に電池の外側にあたるようで、通電してない状態になりやすい模様。
強制的に金具部分を曲げて、蓋をしめることによって通電する状態になりました。

無事に緑のLEDが底面で点灯して、本体側でも屋外モジュールを確認できました。

本日、ベランダの体感温度は40度を越えていることが確認できるようになりました。
熱中症にはお気をつけて。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする