オンライン会議で印象を良くするたった1つのポイント

会議ウィンドウの位置環境

オンライン会議で顔を晒す場合に、印象を良くするためのポイントを紹介します。

それは、オンライン会議システム(Google meets, Zoom, Skype など)のウィンドウをカメラ付近に配置することです。

スポンサーリンク

オンライン会議システムのウィンドウの位置を工夫すると印象が良くなる

オンライン会議システムのウィンドウをカメラ付近に置くことで、自分がオンライン会議システムに注視する際に視線がカメラ付近に動くため、顔と表情を良く写すことができます。

私はiMacを利用しているので、画面上、中央にカメラが配置されているので、そこにオンライン会議システムのウィンドウを配置しています。

会議ウィンドウの位置

これを画面の下や横にウィンドウを置いてしまうと、相手からは下や横を向きながら話を聞いてる、話ているような印象になってしまいます。

実際に会って、話す時のように、正面を向きながら話を聞き、話をされているような印象を与えることができます。

ウィンドウの位置を工夫するだけで、印象が変りますので、ぜひ試してみてください。

オンライン会議システムをより快適にするためには

Apple製品を利用しているのであれば、Apple AirPods Proを利用すると、声も聞き取りしやすくなりますし、マイクの性能も良いので、言葉も伝えやすくコスパが良い製品になっています。
通常の電話にも使えますし、本当にコスパが良い製品となっています。

聞きとりについては、Apple AirPods Proなどのイヤフォンやヘッドフォンを利用すれば、それなりに聞こえるのですが、マイクはある程度良い外部マイクを利用すると、相手がとても聞き取りやすくなるために、会話がスムーズに進ませることができます。以下のような製品はUSBで差すだけで利用できるので、安価で音もそれなりに良いので、最初に導入を検討してみる製品としてオススメします。


タイトルとURLをコピーしました