集中力

スポンサーリンク
ソフトウェア開発

明日からできる「シングルタスク」仕事術

前回はマルチタスクがいかに非生産的かを解説しました。今回はシングルタスクを実践するため手法をいくつか具体的に紹介したいと思います。 「バイタル・フュー」という本当に重要な事項はごくわずかしかないという法則であったり、「パーキングロット」という一時的に思いついたアイデアや、脱線した事項を一旦書き留めておき、本来集中すべきことをこなし、後でその事項について考える方法など、明日から実践できるようなTipsをいくつか紹介しています。
ヘルスケア

マルチタスクは脳機能を低下させ集中力をなくす

多くの人が大量の仕事を抱えている時に、マルチタスクをすることによって生産性が向上するという誤解をしています。人間の脳はマルチタスクというものは、そもそもすることができません。複数の考えることを切り替えて、注意散漫な状態でタスクを同時進行をしているという状況になります。これは科学的に、生産性がシングルタスクに比べて、悪いことが証明されています。さらには脳機能の低下を招くことが証明されています。
ヘルスケア

集中力と生産性を維持する「PCモニターの高さと位置」

集中力と生産性を維持するために、ディスプレイの配置や高さ、距離などについて解説します。適切な位置で適切なディスプレイを利用することにより長時間の集中力と生産性を維持することが可能です。眼精疲労や肩凝り、ドライアイなどに悩んでいる人にも必見の記事です。
ヘルスケア

集中力と生産性を持続する机とイスの正しい高さとは?

集中力が続かない原因は、机や椅子などの環境にあるのかもしれません。 集中力を持続させ、生産性を向上するために、パソコンでの仕事をする際の正しい姿勢を保つための机と椅子の高さや位置の調整について詳しく解説します。
ヘルスケア

40%の日本人は徹夜している人と同じ集中力だからこそ「睡眠こそ最強の解決策である」

日本人の平均睡眠時間では約4割の人が睡眠不足であり、日常的に睡眠不足であることに気づいていません。これによってマイクロスリープという集中力やパフォーマンスの低下が起きており、徹夜している人とほぼ同じパフォーマンスで生活しているのが研究によってわかりました。そんな本書「睡眠こそ最強の解決策である」を紹介します。
ライフハック

集中力を発揮して、生産性を高めるために知っておくべきこと!

集中力はどこにいってしまったのだろうか…と悩むことのある@HIROCASTERでございませう。 誰でも集中力を継続的に発揮して、効率的に成果を出したいものです。 長時間労働・サービス残業は自分の価値を下げ企業存続を危うくする ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました