あらためて、自宅サーバをつくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VMwareESXiを動かすためだけに勢いで買ったDELL PowerEdge T105にHDDを2個買ってきて、自宅サーバとして生かすことにする。

HDDのDiagnostic

パソコンの部品は購入したら不良がないかをチェックしないといけません。OSを入れてから不良セクタが見つかったりしたら、目も当てられません。正常に動作しなければメーカーに交換してもらう必要があるので、データを入れる前に必ずチェックします。

KNOPPIXをブートして、ターミナルを立ち上げて、

$ badblocks -c 512 -t random -fwvs  /dev/sda

$ badblocks -c 512 -t random -fwvs /dev/sdc

全てのテストが正常に終了すればOK。エラーが出たらメーカー交換。

Bigsectorへの対処

今回購入したWestern Degital WD20EARSというHDDは「Advanced Format Technology」が採用されている。簡単に言うと従来のHDDは1セクタが512バイトだったのを4096バイトで扱おうって技術。通称Bigsector

要するにファイルシステムの開始セクタを8の倍数に設定しておけばOKってことだけど、Ubuntu10.04LTSではパーティション境界を1 MiB (1048576 bytes)地点から開始するので、何も考えずにパーティションを新規作成すればOK

サーバOSの選定

Debianの文化に尊敬の意を表してUbuntuを使います。UbuntuのLTS版は10.04となっていて、サーバ版は2015年4月までサポートされる予定です。安定して稼働し続けさせるためには心強い。

まぁ、2015年になったらサーバを買い換えていると思うので、基本的にOSを入れたら再度そのHWにOSを入れることはほぼありません。

外部公開部分にはKVM上でCentOSを利用して外部公開しようと考えています。

OSインストール

普通にOSインストールです。OpenSSH Serverのみ選択して粛々と終了。

GRUB2が入らなかったので、とりあえずLILOをいれとく。

hiroki@t105:~$ df -h

Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on

/dev/mapper/VG1-root  1.8T  854M  1.7T   1% /

none                  2.0G  176K  2.0G   1% /dev

none                  2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm

none                  2.0G   36K  2.0G   1% /var/run

none                  2.0G     0  2.0G   0% /var/lock

none                  2.0G     0  2.0G   0% /lib/init/rw

none                  1.8T  854M  1.7T   1% /var/lib/ureadahead/debugfs

/dev/mapper/VG1-boot  237M   24M  201M  11% /boot

hiroki@t105:~$ sudo lvdisplay /dev/mapper/VG1

  • Logical volume —

LV Name                /dev/VG1/boot

VG Name                VG1

LV UUID                B1TXJ2-Z0Hn-l0NB-xtUg-Z53K-BrLq-sqyD3b

LV Write Access        read/write

LV Status              available

# open                 1

LV Size                244.00 MiB

Current LE             61

Segments               1

Allocation             inherit

Read ahead sectors     auto

  • currently set to     256

Block device           251:0

  • Logical volume —

LV Name                /dev/VG1/swap

VG Name                VG1

LV UUID                dviFr7-gbLh-si56-y2YK-Kpd3-6MnW-UJUlVk

LV Write Access        read/write

LV Status              available

# open                 1

LV Size                3.81 GiB

Current LE             976

Segments               1

Allocation             inherit

Read ahead sectors     auto

  • currently set to     256

Block device           251:1

  • Logical volume —

LV Name                /dev/VG1/root

VG Name                VG1

LV UUID                JCTRvJ-wMJR-RY7p-2D9t-K29e-RTGJ-Hv422v

LV Write Access        read/write

LV Status              available

# open                 1

LV Size                1.82 TiB

Current LE             475894

Segments               1

Allocation             inherit

Read ahead sectors     auto

  • currently set to     256

Block device           251:2

hiroki@t105:~$ cat /proc/mdstat

Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]

md0 : active raid1 sdb1[1] sda1[0]

1953513408 blocks [2/2] [UU]

unused devices: <none>

hiroki@t105:~$ sudo /sbin/hdparm -ft /dev/mapper/VG1-root

/dev/mapper/VG1-root:

Timing buffered disk reads:  304 MB in  3.02 seconds = 100.68 MB/sec

hiroki@t105:~$ uname -a

Linux t105 2.6.32-21-server #32-Ubuntu SMP Fri Apr 16 09:17:34 UTC 2010 x86_64 GNU/Linux

最初のHDDのMBRにしかブートローダーを書いていないので、後ほど次のHDDにも書くことにする。

OSの設定などは後日。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする