WEB+DB PRESS vol.61 本当のプログラマになりたいヤツは読んでおけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤経路の本屋には取り扱いがないWEB+DB PRESSを近くの中規模書店にも行ったにもかかわらず、しか置いてなくて、結局、日曜日の朝10時にジュンク堂書店 池袋本店にいくことになってまで手に入れてきた。

WEB+DB PRESS編集部¥ 1,554

Rails3におけるテスト最前線がすばらしい。

スポンサーリンク

Rubyの自動テストといったらRSpec

もう、当たり前すぎて、多くを語る必要がないと思うが、今Rubyで自動テスト書くならRSpecできまり。

エンドツーエンドのテストはCapybara

いわゆるブラウザ操作からの自動テストツールである。標準でSeleniumをサポートしていてビックリ。

手元のMac環境でFirefoxやChromeを勝手に動かしてテストしてくれました。すごいですねーこれ。

fixtureを書く必要はもうない。factory_girlをつかえ!

Fixture Replacementってジャンルのツール。大量のfixtureを書くのを卒業させてくれるのです。

あぁ、こうやってつかうのね。ってのが参考になる。この手のツールはRubyは充実していて羨ましい。

疎結合なテストを作りにはRR(Double Ruby)

スタブやモックを実現してくれるRR。やっぱ、こうやるんですよね。って確認程度。

vol.61は買いです

CapybaraのSelenium対応がすごい感動した。これ「いいね!」ってかんじ。

いまだに自動テスト書く意義とか、メリットとか、書き方わかってない人は、写経すべし。

ざっくりとした、概要はわかった気になるはず。そして、わかった気になって、それで終わるな。ぜひ、開発の現場で実践してほしい。

そうすれば、責任あるソースコードが生産できるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする