この記事をシェアする

いまどきのRubyとRailsの学び方

cood school

code school という学習サイトがあります。現在は、Ruby on Railsに特化したコンテンツがありますが、確認する限りでは、jQueryやHTML5 & CSS3のコンテンツが近いうちに公開される予定です。

スポンサーリンク

なにが、いまどきなのか?

railsforzombies

Ruby on Rails(rails3に対応してる)が無料で学習できる Rails for Zombies をやってもらえば、すぐにわかるのですが、rails環境を一切つくることなく、Webブラウザだけで完結しているコンテンツなんです。

つまり、ブラウザにコードを打ち込んでいくと、動作する結果を返してくれるのです。環境作りに苦労することなく、学習に専念できるのです。

初心者向けのコンテンツだからこそ、こういった配慮は大事だなぁと考える。

Rails for Zombies は5章構成になっていて、1章ずつ動画で丁寧に説明されている。英語が聞き取れなくてもスライドの絵を見てれば大抵わかるような内容である。さらに、スライドや動画はダウンロードできるようになっている。

そして、問題が出題されるので、解答に合うコードを打ち込んでいく流れだ。

Rails for Zombies は無料なので、railsに興味を持っている人は、ぜひやってみてほしい。最後までやるのに1時間程度で終わる。最後までやり遂げれば、Ruby on Rails Tutorial のPDFと動画セットが通常$95なのだが、$10安くなるクーポンコードがもらえる。

ちなみに、PDFだけだと$28で販売されているが、Amazon.com ではKindle版が$19.59で売られているので、こちらの方がお得。Kindle版はKindleを持っていなくても、Windows版Mac版のKindleというソフトウェアがあるので、そちらで閲覧することができる。(ちなみにiPad版もある)

railsの前にRubyを学習したい人は Try Ruby! がおすすめ。こちらはRuby1.9系の動作をブラウザだけで完結することができる。

help

help 2

と入力すれば、約15分で終わるRubyのチュートリアルができる。1.8系しか触ったことのない人も、いろいろといじってみては?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする