Jonathan Rasmusson(アジャイルサムライ著者)によるアジャイルリーダーシップに参加してきた #agilesamurai

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jonathan Rasmusson(アジャイルサムライ著者)によるアジャイルリーダーシップに参加してきた。

アジャイルリーダーシップを取る上での科学的な根拠。(この記事がネタ元?)などを中心にした話でした。

参加者は昨日より多かったですね。見慣れた人も何人かいました。

それにしてもKDDIさんの会議室キレイでした。

スポンサーリンク

アジャイルチームに必要なこと

アジャイルチームだけに限らないが、仕事をするうえで重要な要素が3つである。

Autonomy

チームや人を自立させること。マイクロマネジメントから解放しよう。

Purpose

目的や目標を掲げよう。アジャイルサムライを読んでいれば、インセプションデッキをつくれば見えてくるよね?

Mastery

仕事やそれに関わることを熟達させよう。熟達させる文化や環境が大事って事かな。もちろん本人の行動が大事なのは前提。

ダニエル・ピンク¥ 1,890

その考えは上記の書籍に書かれているとのこと。

Jonathanはさらに Lerning を付け加えていた。Masteryに含まれるのかもしれないが、学んだことをシェアして、学びあうことが成長に繋がる。仕事で学びを得て、それが成長に繋がっていくことを実感していくことが楽しいよね?って。

その他、細かくテクニックやポイントを伝授した頂いた。

Jonathan Rasmusson¥ 2,730

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする