この記事をシェアする

本当に必要なのは安価な机、良質な椅子、そこそこ早いコンピュータ

テスト駆動開発入門を改めて読んでいる@HIROCASTERでございませう。

あのアジャイルマニフェストに名を連ねるなケント・ベックがおっしゃっております。

TDDで使用すべき物理設定は何か。→必要であれば、他の家具はすべてケチっても、本当に良質の椅子を用意すべきだ。

テスト駆動開発入門

テスト駆動開発入門

ケント ベック、Kent Beck、長瀬 嘉秀、テクノロジックアート

スポンサーリンク

安価な机

安価な机が良いというわけではない。予算があるとして、机よりも椅子に予算を割くべきだということである。

机はそこそこ広ければ良い。容易に増やすことができるようなタイプの机であれば、スペースを増やすのも楽である。

IKEAにでもいって、気に入ったヤツを買ってくれば良い。お金を掛ける余裕があるのであれば、高さを調節できるものが良いだろう。

筆者はIKEAで買ってきた横幅2mの机を使っている。2万円もしていない板っきれに足をつけただけの机だ。

自分の身長に対して適切な机の高さはこちらで計算することができる。

特に計算したわけではないが、たまたま買ってきた机の高さが、筆者の身長に対してピッタリだったのはビックリだ。

机の回りは片付けられていることが前提である

広い机を使っていても、机の上が汚ければ意味が無い。机の下にものがたくさんあっても意味が無い。

一人が使いやすく、複数人数でのペアプロがしやすいように、机の回りは何もないぐらいに綺麗に片付けられていることが重要である。

良質な椅子

代表的なワーキングチェアといえば、アーロンチェアだ。

ハーマンミラー アーロンチェア ポスチャーフィット フル装備 AE113AWB PJG1BBBK3D01

ハーマンミラー アーロンチェア ポスチャーフィット フル装備 AE113AWB PJG1BBBK3D01

HermanMiller (ハーマンミラー)

個人的にはアーロンチェアは20世紀の椅子であると考えている。これまでお疲れ様でした。

21世紀はエンボディチェアである。なお、両方の椅子のデザインにBill Stumpf氏は携わっている。

エンボディチェアは、特に、コンピュータの前に座る人のためにデザインされました。まるで浮いているかのような感覚で座ることが出来ます。今までにない快適さを持った椅子で、座る人の健康を増進します。身体の自由な動きをサポートし、脳の活性化を促すワークチェアです。

というわけで、エンボディチェアを愛用している。腰にグッとくる感じがたまらない快適感を生む。

ハーマンミラー エンボディチェア ポリッシュドアルミニウムベース グラファイトフレーム 背・座バランスブラック CN122AWAA CD G1 BB 3513

ハーマンミラー エンボディチェア ポリッシュドアルミニウムベース グラファイトフレーム 背・座バランスブラック CN122AWAA CD G1 BB 3513

HermanMiller (ハーマンミラー)

何が何でもエンボディチェアがオススメというわけではなく、自分の体にあった椅子を選ぶことが重要であり、本当にあっているかどうかを確かめるのは長時間座ってみるしかないので、結構気軽に試せるわけではない。

1日に8〜12時間以上、コンピュータに向かって作業をするのであれば、15万以上、できれば20万以上のクラスの椅子を買うことをオススメする。机は2万ぐらいでもいいんじゃないかな。

いやー、そんな金ないよ!

そんな人は妥協して、3万円で中古のリープチェアを手に入れましょう。

steelcase スチールケース チェアリープK-46216179CS黒

steelcase スチールケース チェアリープK-46216179CS黒

Garage

楽天とかで中古のリープチェアを探すと3万ちょっとぐらいで手に入ります。エンボディやアーロンよりはクラスが落ちる印象ですが、数時間程度であれば快適に座れる椅子でございます。

3万円のどこのメーカーかわからない様なハイバックで合成皮の椅子を買うぐらいだったら、こっちの方が良いです。

中古の椅子って結構地雷な印象があるのですが、良い妥協点ではあります。

そこそこ早いコンピュータ

最近のコンピュータは早いので、そんな遅いコンピュータって最近使われてないと思います。

基本的には2年以内に発売されたコンピュータであれば、特に問題ないんじゃないでしょうか。

欲をいってしまえば、MacであればRetinaモデルのMacBook Proとか解像度の高いモデルが快適です。

Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.3GHzQuadCorei7/8GB/256GB MC975J/A

Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.3GHzQuadCorei7/8GB/256GB MC975J/A

アップル

液晶ディスプレイを外部ディスプレイとしてあれば良いという人がいますが、基本的には僕はこれ反対です。

液晶ディスプレイのある場所にプログラマが縛られることによって、ペアプロの機会やフェイスtoフェイスの機会を減らす傾向にあるからです。Retinaや過去のMacBook Pro高解像度モデルの解像度があれば、ほとんどのプログラマの作業は快適に実行できるはずですし、その解像度の最適化していけるはずです。

テスト駆動開発入門

テスト駆動開発入門

ケント ベック、Kent Beck、長瀬 嘉秀、テクノロジックアート

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする