この記事をシェアする

GrowthForecastをインストールする

Perl情弱の@HIROCASTERでございませう。

perl

前回の

で環境が構築できているはずなので、その上でGrowthForecastを動作させるところまでをやる。

せっかくなのでcarton経由でインストールする。

適当なディレクトリでMakefile.PLを作成する。

$ mkdir growthforcast
$ cd growthforcast
$ touch Makefile.PL

Makefile.PLの中身はこんな感じで記述する。

nameとversionは適当に。

use inc::Module::Install;
name 'GrowthForecast';
version '0.39';

requires 'GrowthForecast', 0.39;

RRD関係のパッケージが必要なので、Ubuntuの環境なので、apt経由であらかじめ入れ。

$ sudo apt-get build-dep rrdtool

cartonでGrowthForcastをインストールする。

$ plenv exec carton install

これで、localディレクトリにガッツリインストールされる。

$ plenv exec carton exec growthforecast.pl

という感じでGrowthForcastを起動できる。

サーバの5125番ポートにブラウザでアクセスすれば確認できる。

Let’s GrowthHack!!

初めてのPerl 第6版

初めてのPerl 第6版

Randal L. Schwartz、brian d foy、Tom Phoenix、近藤 嘉雪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする