Ruby

プログラミング言語「Ruby」に関するカテゴリ

スポンサーリンク
Apple

macOSのLogin ItemsをCLIで管理する方法

通常は System Preferences -> Users & Groups -> Login Items で管理されているログイン時に自動で起動するアプリケーションをCLIから管理する方法についてです。 概要 基本的にはApp...
Ruby

「リフォーム Rails app」というトークをしてきました

Rails Developers Meetup 2018 Day 3 Extremeで「リフォーム Rails app」というトークをしてきました。 既に開発されているRails appのプロジェクトなどに参加したときに、改修ポイントをあ...
Ruby

RubyKaigi 2018に参加しました

RubyKaigi 2018に3日間全日参加してきました。会場は仙台。 咳喘息のため、初夏で暑さを感じはじめるなか、マスク姿だったのが悔まれると共に体調が万全ではありませんでした。 今年のRubyKaigiは参加者が1000人を越えて、ス...
Ruby

fastladderのコミット権をいただいた

先週、今は亡きLivedoor Reader(のちのLive Dwango Reader)のオープンソース版Rails実装であるfastladderのコミット権をいただいた。 レビューしてマージしていただいている@onkさんや@ssig33...
extensions

Ruby拡張ライブラリを含むGemのつくりかた

今回は拡張ライブラリを含むGemを開発するための流れを学習するために、簡単なgemをつくることにします。 簡単なC言語で記述された拡張をGemで配布できる最低限の状態まで構築します。
Ruby

Terminalに雪を降らす魔法の1ライナー

街にクリスマスソングが流れ始め、街がイルミネーションに包まれ始めると思い出すことがあります。 あぁ、このターミナルでも雪がふるんだよなぁ。と何年か前に見た1ライナーを思い出すのです。
Ruby

Ruby2.3.0リリース 主な新機能についてサンプルコードとともに紹介

メリー・クリスマス @HIROCASTER でございませう。 今日はクリスマス。そしてRubyのリリース日です。 今年はRuby2.3.0のリリースです。 すでにリリースについてはRuby Core Teamからアナウンスがされています。リ...
Ruby

dog pile effect という現象についてRailsで解消するにはrace_condition_ttlを利用する

dog pile effectと呼ばれる現象を解決するには、RailsではActiveSupport::Cache::Storeにの:race_condition_ttlオプションを利用する。「dog pile effect」とは何なのか?race_condition_ttlは何をしてくれるのかを解説する。
Ruby

rubocopによる静的コード解析でRubyのコード品質を保つ

rubocopはRubyの静的コード解析ツールです。このコード解析を通すことによって、一定のRubyの書き方に統一することができます。また、不要な変数やメソッド名が長すぎるなど、一般的にRubyとして読みやすいコードにするための警告もされ...
Ruby

pryをMySQLのクライアントのようにテーブル表示する

hirb-unicodeによって、pry-railsの表示をMySQLのテーブル表示のようにします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました