この記事をシェアする

コマンドラインからインタラクティブにGitHubの未読通知を開く

percolpecoが最近話題なので、私がpercolで使っているGitHubをちょっと便利に使う為の設定を紹介します。

kyanny氏が開発したghnというgemを利用するとコマンドラインからGitHubのNotificationのURL一覧を取得して、表示、ブラウザで開く、一括で既読にするといったことができます。

これにpercolやpecoを組み合わせて、インタラクティブなUIをコマンドライン上で実現して、Notificationを1つブラウザで開くようにしています。

実際に動作している様子は下記です。

interactive_ghn

スポンサーリンク

設定方法

ghnはgemなので

$ gem install ghn

などでインストールして、tokenなどを設定しておいてください。

percolの設定

.zshrcなどに以下を追加

function ghn_open() {
    local url=$(ghn list | percol --query "$LBUFFER")
    if [ -n "$url" ]; then
        open ${url}
    fi
}
zle -N ghn_open
bindkey '^xgo' ghn_open

「C-x g o」という若干複雑なキーバインドに設定しているため、お好みに応じて設定を変更すると良いと思います。

percolとpecoは非常にシンプルツールなので、いろいろできることが広がって楽しいですね。
他にもこんな事もできるよ?ってのがあれば、教えてください。

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

大塚 弘記

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする