この記事をシェアする

Kindle版 詳解UNIXプログラミングやスクラム本が半額以下 今だけ?

翔泳社の重量級の技術書(Kindle版)が半額以下になっています。どうやらいつまでこの価格なのかは翔泳社の方もわからないみたいなので、年末年始の休みに読みたければこの機会に購入するのがお得です。

翔泳社の中の人が

とのことなので、いつまでこの価格かはわかりません。

スポンサーリンク

詳解UNIXプログラミング 第3版

UNIXプログラミングをするにおいて、本書を読んでいなければ“もぐり”と言われるほどの名著です。UNIXプログラミングをする機会がほとんどなかったので、この機会に購入してみました。
936ページの重量級本なのでKindle版はとても嬉しいです。

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計

いわゆるDDD本と呼ばれるものです。設計を勉強している方やフレームワークをなどの開発に携わっている方などに定評のある書籍です。原著は古いのですが日本語になったのがここ数年。
Symfony2の開発でドメイン駆動設計が意識されてたので、個人的には当時、身の回りで良く話題になりました。コイツも600ページを超える重量級。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

とりあえず日本でスクラム開発手法やってみたくなったら、これ読むところからはじめてみることをオススメできる入門書です。スクラム界隈ではよく知られている著者たちによってまとめられています。

エッセンシャル スクラム

とりあえずスクラムを実践し始めて、挫けつつも経験を少し積んだ人がスクラムの神髄に近づく為に役立つ書籍です。何度読み返しても新しい発見があると思います。

コイツも600ページを超える重量級。

組織パターン

スクラムにおいてJim Coplienの存在は切っても切り離せません。
彼がクリストファー・アレグザンダーのパターンの思想を、ソフトウェア開発に昇華させ結実させたパターン言語に集約した内容がまとめられています。
現在のスクラムの原型となっている内容もあります。
開発手法(特にアジャイル)に興味のある方には、絶対に読んでおいて頂きたい1冊です。

所感

重量級な書籍がKindleで手に入るのは嬉しいですし。価格も半額以下となると助かります。
年末年始のお休みに課題図書ができました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする