この記事をシェアする

Rubyをはじめるなら「たのしいRuby」から

Rubyをはじめるなら、これからといわれるほど、

鉄板と思われる「たのしいRuby」をやっとこ読み終わる。

で、結局、やっぱり鉄板だと思う。C#やPerlをやってきた経験からいうと、

  • イテレータ
  • 条件式の判定
  • 同じ処理の構文が何種類もある(やろうと思ったらワンライナーで書ける)

このあたりが、明確になる。

恐らく、読まなかったら「はぁ!?」という状態。

実際にRailsのAPIのソースなどを読んでいると「はぁ!?」というソースがたくさん。

「なんだ、この書き方?意味わかんね。」という状態になる。

ぶっちゃけ、RubyやRailsを扱う上で肝に銘じることは、

ソースを読むつもりで使うこと。ってのが前提にある。

少なくとも、やっていてしょっちゅうそういう状態になる。

まずは文法が何種類もあって、

この引数の渡し方ってなんだぁ?とか、

メソッドの記述の仕方が複数あったりする。

JavaやC#やPerl前提の書き方もできるが、

RubyらしくRubyっぽい書き方ってのがまずわからんとソースが読めない。

Rubyらしく、Rubyっぽい文法や書き方がわかる本はこれ。

Railsを扱えるようになるためにもソースは読めないと、すぐに限界が来る。

Railsに振り回されないRubyを扱うためにも、読んでおくべし。

I’m a newbie of Ruby.

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする