ガチでLinuxプログラミング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apacheのソースとかモジュールとを修正したりとかは頻繁にしているけど、ガッツリ、0からLinuxプログラミング(gccプログラミング?)やったことないので、簡単なコマンド作りからやってる。

ちなみに先生はこいつです。

バイトストリームをマジでリアルに感じすぎ。そうすると、Perlとかって良くできてると思う。

おなじみ、Hello world!から

#include <stdio.h>

int
main(int argc, char *argv[])
{
  printf("Hello, World!\n");
  return 0;
}

ベルも文字コードなんだね。昔のコンピュータにはマジでリアルなベルが付いていたということだよね。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int
main(int argc, char argv[])
{
  printf("\007");
  exit(0);
}

引数を数えて並べてみる。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int
main(int argc, char *argv[])
{
  int i;
  printf("argc=%d\n", argc);
  for (i = 0; i < argc; i++){
    printf("argv[%d]=%s\n", i, argv[i]);
  }
  exit(0);
}

catコマンドもどきをいくつかつくる。直接システムコールするのとラッパーを介してバッファ経由でいじる違い。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>

static void do_cat(const char *path);
static void die(const char *s);

int
main(int argc, char *argv[])
{
  int i;
  if (argc < 2) {
    fprintf(stderr, "%s: file name not given\n", argv[0]);
    exit(1);
  }
  for (i = 1; i < argc; i++) {
    do_cat(argv[i]);
  }
  exit(0);
}


#define BUFFER_SIZE 2048

static void
do_cat(const char *path)
{
  int fd;
  unsigned char buf[BUFFER_SIZE];
  int n;

  fd = open(path, O_RDONLY);
  if (fd < 0) {
    die(path);
  }
  for (;;) {
    n = read(fd, buf, sizeof buf);
    if (n < 0) die(path);
    if (n == 0) break;
    if (write(STDOUT_FILENO, buf, n) < 0) die(path);
  }
  if (close(fd) < 0) die(path);
}

static void
die(const char *s)
{
  perror(s);
  exit(1);
}
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

static void do_cat(FILE *f);

int
main(int argc, char *argv[])
{
  int i;

  if (argc == 1) {
    do_cat(stdin);
  }
  else{
    for (i = 1; i < argc; i++){
      FILE *f;

      f = fopen(argv[i],"r");
      if (!f) {
	perror(argv[i]);
	exit(1);
      }
      do_cat(f);
      fclose(f);
    }
  }
  exit(0);
}

static void
do_cat(FILE *f)
{
  int c;
    while((c = fgetc(f)) != EOF) {
	if (putchar(c) < 0) exit(1);
    }
}

Linuxのプログラムをつくるというより、LinuxというOSの仕組みを確実に理解していくために必要なことだった。引き続き、コツコツやることにする。

それにしても、はじめてLinuxとあってからは、10年以上たつけど、標準入力の終了がCtrl+Dとは知らんかった。基本中の基本を押さえ取らんということやね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする