映画「ソーシャル・ネットワーク」見てきた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えっ!?もう、これで終わっちゃうの?というのが最後の印象でした。いいかえれば、それぐらい早い展開の映画です。映画自体はソーシャル・ネットワークとはなんなのか?というよりも、ソーシャル・ネットワークを通して、様々な人間の心模様を描いている作品でした。

関係ないけど、マーク・ザッカーバーグが使ってるエディタがemacsだったから、最初から好感もって映画を見れた。

例えば、

  • 人々は、なぜ、実名と写真を掲載されているfacebookを見るのか?
  • プロフィールに、なぜ、交際ステータスがあるのか?

なんてこと。

スポンサーリンク

ビジネスに関わりたい投資家はより近くにいるべき

これは、ザッポス伝説からも学べるところですが、投資家はビジネスのより近いところにいなければ、ビジネスに関われないということがこの作品でも描かれています。投資家が積極的にビジネスに関与することが求められているかは、その会社によるところです。

メールは遅いから、チャットにしてください

どっかで聞いたのだけど、ティーンエイジャーはこう言ったそうだ。「メールは遅いから、インスタントメッセージにようにはやくならないか?」

プログラマーからしたらおかしな話。メールが届くスピードとインスタントメッセージが届くスピードは、人間が遅い早いというほどの差はない。だけど、メッセージに気づく。返すというトータルな時間やレスポンスを比較すると違う。それを早い。遅い。と言っているのだ。

そんなこんなで、facebookにはチャット機能があるんですね!

facebookやろう

とかなんとか、facebookやってるとさらにおもしろい映画だったりする映画でした。よかったら僕とfacebookしてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする