この記事をシェアする

node-ninjaで最新のnode(v0.6系)を利用する

手元のMac環境がNode v0.6.7なので、https://node-ninja.com/も同じバージョン使いたいなぁ。と考えていて、マニュアル読むと初期設定だと0.4系と0.5系しか入っていないようなので、むむむ。としていたところ。

結局の所、nvmでnodeのバージョン管理をしているみたいなので、nvmに新しいバージョンを入れてやれば使えるのではないかと思って、試してみた。

スポンサーリンク

nvmへのnodeインストール

新しいバージョンのnodeをnvmへインストールする

$ nvm install v0.6.7
$ nvm alias default 0.6.7

nodeだと、バージョン指定に頭にvをつけるのを忘れないこと。

プロジェクトの設定を変更

特に指定をしなければ、nvmのdefaultで指定されたバージョンが利用されるが、念のためプロジェクト側で指定しておく。

config.js

$ nvm alias default 0.6.7

config.jsをdeployするリポジトリのrootにおいておけば、勝手に読み込んで指定されたバージョンを使う。

これで、無事に0.6系のnode.jsを利用することができた。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

著者をフォローする