テレワーク

スポンサーリンク
ヘルスケア

読書量を増やすために必要なもの

読書量を増やすためには環境が重要になります。書見台やブックスタンドと呼ばれるような道具を利用することで、読書をする身体的な負荷を軽減することができます。また、デスクライトを活用することで、眼精疲労の低下などが期待できます。こういった、読書をする環境について解説します。
ヘルスケア

あなたのデスクワークは命を削っているかもしれない

デスクワーカー必見の「座りすぎが、いかに死亡リスクを高めるのか?」といった情報をもとに、対策法を解説します。IT業界の従事者だけならず、1日の多くの時間をパソコンの前で過して働く方には、環境を改善することに挑戦していただきたいと思います。
ヘルスケア

集中力と生産性を維持する「PCモニターの高さと位置」

集中力と生産性を維持するために、ディスプレイの配置や高さ、距離などについて解説します。適切な位置で適切なディスプレイを利用することにより長時間の集中力と生産性を維持することが可能です。眼精疲労や肩凝り、ドライアイなどに悩んでいる人にも必見の記事です。
ヘルスケア

顔とコンピュータ画面の最適な距離は?

結論から伸べると、モニターからの距離は100cmから50cmの間であるべきです。1 本記事ではディスプレイの位置や高さについても伸べていますので、適切に調整できているかをチェックしてみてはいかがでしょうか?
ヘルスケア

今すぐできる!! 眼精疲労を軽減するディスプレイ調整方法

室内の明るさとモニターの明さの差が大き過ぎると、眼は急速に疲労します。 大企業のオフィスなどは、照明によって、いつでも一定の明さに保たれているかと思います。 しかし、自然光を取り入れた環境(オフィスの窓辺の席や自宅など)では、日中から夜...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました