herokuでruby 1.9.2を使う方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

http://heroku.com/はRails使いには便利なホスティングサービス。

1つのコマンドだけでRailsのデプロイを自動でしてくれてすぐに動作する。

小さいアプリケーションならば無料で動かせるので、簡単な実験にもよく使われている。

rails3になってRubyも1.9系でしょ。という流れなので、普通に使っていたのだけど、

herokuのデフォルトはree-1.8.7ということで、エラー発生して気づいた。

mri-1.9.2を使う方法をメモ。

スポンサーリンク

設定方法

$ heroku stack
  aspen-mri-1.8.6
* bamboo-ree-1.8.7
  bamboo-mri-1.9.2
$ heroku stack:migrate bamboo-mri-1.9.2
-----> Preparing to migrate mafia
       bamboo-ree-1.8.7 -> bamboo-mri-1.9.2

       NOTE: You must specify ALL gems (including Rails) in manifest

       Please read the migration guide:
       http://docs.heroku.com/bamboo

-----> Migration prepared.
       Run 'git push heroku master' to execute migration.

次に

$ git push heroku master

したときにrubyが切り替わる。

-----> Heroku receiving push
-----> Migrating from bamboo-ree-1.8.7 to bamboo-mri-1.9.2

もう、これからは1.9系の時代。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする