スポンサーリンク
ヘルスケア

今すぐできる!! 眼精疲労を軽減するディスプレイ調整方法

室内の明るさとモニターの明さの差が大き過ぎると、眼は急速に疲労します。 大企業のオフィスなどは、照明によって、いつでも一定の明さに保たれているかと思います。 しかし、自然光を取り入れた環境(オフィスの窓辺の席や自宅など)では、日中から夜...
Apple

macOSのLogin ItemsをCLIで管理する方法

通常は System Preferences -> Users & Groups -> Login Items で管理されているログイン時に自動で起動するアプリケーションをCLIから管理する方法についてです。 概要 基本的にはA...
Apple

CutBoxを使いはじめた

MacではずっとAlfred2を利用していてPowerPackも購入してたためAlfred3にはいかずに使い続けていました。 さすがに、もうやめようかな。と思いたってAlfred3を導入。 そこで、問題発生。PowerPackを購入しないと...
プログラミング

Ansibleに浮気してMitamaeにもどってきた話

SoftwareDesign 12月号でAnsible特集を組まれていたこと。これをもとに Ansible AWXというRed Hat Ansible TowerのOSS版があることを知る docker-composeで気軽に動く環境まで...
環境

Vornado サーキュレーター もっと早く購入しておけばよかった…。

今まで安価なサーキュレータを試してきましたが、今回は高価なVornadoのサーキュレータを購入したレビューです。圧倒的に他のサーキュレータとは比較にならないほど快適になりました。
Python

ピンボケや手ぶれ写真を機械的に検出する方法 – ポートレート編

デジカメで撮影した大量の写真の中から削除しても差し支えない不要な写真を機械的に検出するためこのような実験をしています。 今回は前回の実装だけでは問題となる、意図的に美しいボケを含んでいるポートレートをピンボケや手ぶれ写真として誤検出しないよ...
Python

ピンボケや手ぶれ写真を機械的に検出する方法

カメラを新調したことから週末には1000毎単位で写真を撮影することが多々あります。 動体撮影をするため連射を多用しています。このことから、ピンボケや手ぶれなどの不要な写真も含まれます。 RAW+JPEGで撮影しているため1毎あたり約60MB...
雑記

Weather Station 屋外モジュールの電池を交換した

いたまれないニュースを耳にする猛暑を身近でも確認(計測)しておきたく、 何日か前に屋外モジュールの電池が切れている通知を確認していたので交換しました。 前回、交換したのを完全に覚えてないので苦労しました。
Ruby

「リフォーム Rails app」というトークをしてきました

Rails Developers Meetup 2018 Day 3 Extremeで「リフォーム Rails app」というトークをしてきました。 既に開発されているRails appのプロジェクトなどに参加したときに、改修ポイントをあ...
Ruby

RubyKaigi 2018に参加しました

RubyKaigi 2018に3日間全日参加してきました。会場は仙台。 咳喘息のため、初夏で暑さを感じはじめるなか、マスク姿だったのが悔まれると共に体調が万全ではありませんでした。 今年のRubyKaigiは参加者が1000人を越えて、ス...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました